古い車は今後高く売れるのか

古いクルマというと、今や価値がゼロ? 昔の名車でも、すでに査定額が壊滅的に安くなるものがでている。今は車離れしていることと、バスや電車があること。カーリースやレンタカー、カーシェアリングも便利だからだ。 中古車をどうしても買うという人が減る。カーシェアリングやレンタカーだと、必要なときだけお金を払うから、かんたんで維持費もかからない。 ボロ車を所有していて、税金を無駄に支払わなくても済む。古い車を売りたいと言っても、買う人が減り続けると安くなる。廃車にしないといけないなら、査定額も0円。買取拒否もあるだろう。 業者も値段がつかないものだとお断り。今だと古い車を持っていることじたいが無駄になってくる。 ビンテージ価値が付くものは、マニア受けするもの。それもマニアが減ってきてしまうと、値段が付くのか怪しくなる。AE86やポルシェ、フェラーリのような有名なクルマだ。 今だとガレージにしまったままの旧車も減ってくる。確実に高齢化して世代交代するからだ。昔ハチロクが好きだった人も、今ではいくつになるだろう? 有名なクルマを高くても買いたいという人が減ってくる。中古車の査定額も安くなる。古い車は元々商品としての価値が低いことが致命的だ。自動車は自走して価値がある。コレクション目的で所有している人が多いわけでもない。 古いクルマの価値は変わるだろう。欧州の名車だと資産価値もあると言うが、時価なのだ。資産としてリセールバリューを出すために所有する人もいるが、10年後…

続きを読む

100万円ボログルマ裏技で爆安

100万円と言うと軽自動車と同じくらいの価格。中古車だと、ミニバンからセダン、スポーツカーまで何でも買える。あまり知られていないが、商用車でも買ってきてカスタムするのも方法の一つ。爆安になるのでこれは裏技。 トラックはイヤだろうし、バンタイプなら安く買える。セダンでも商用の物はある。マニュアル限定だったりするが、裏技で買うとすると、普通の乗用車ではダメ。中古車だから安いものはハズレとか、事故車なんだろうと思われがちだがそうでもない。 100万円以下では旧型、5年落ちの走行距離5万キロ程度がある。もちろん新車価格が安いものなら、100万円の中古車でも上物。ほぼ新車に近いし、ディーラーの保証付きとか、オプションも付いていたりとお得感もでてくる。 良い中古車というと高くなるものではない。販売店にとにかく相談してみてもいいが、カーセンサーとかグーのような雑誌をみるのもいい。車種ごとの相場もわかるし、中には掘り出し物のお宝もある。軽自動車が安いが、コンパクトカーやセダンタイプも割安になってくる。 100万円以下だと50万円ぐらいはどうなるかと考えるだろう。中古車は50万円でも、認定中古車や車検整備付きなど良いものもある。新車で買っても整備費用やメンテナンス代はかかるものだから、中古車がダメということはないのだ。 100万円中古車おすすめは、こののサイトで確認しよう。認定中古車の実際どうか。車検整備はお買い得なのか。ハイブリッドカーは本当に維持費が安くなるのかわかる。裏技で買…

続きを読む

アクアボロ車でも良い?爆安良いもの買う方法は

トヨタアクア中古相場 50万円~300万円 中古車はいろんな車、グレード、カスタムカーがでてくる。トヨタのメーカー系カスタムだとG'sやモデリスタがある。これは中古車相場でも割高で、品質は良いし人気もある。個人が改造したもの、トヨタ系以外のメーカーカスタマイズだと価格や品質も変わってくる。 中古車だと爆安は改造車だったりする。10万円で激安と思うと、派手なエアロやホイール、車高調などが付いていたりする。これは不人気車か事故車。ボログルマになると相場も安くて当然。カスタムカーが人気が落ちているし、割安といっても買う人が減ってくる。 アクアだとハイブリッドカーだから、燃費や維持費が安くできる。5年落ち、車検切れ、5万キロ走行などが安くなるが、ハイブリッド車はメンテナンス費用も高くなるのが欠点。中古車だと安いだけではなく、長く乗れることも大事。その点では未使用車や新古車など新しいものを探すのがいい。 トヨタアクアは上物の良い中古車も探せる。ただ日本全国の中古車屋を探す必要はない。アクアは中古車屋でも取り寄せができる。業者はオークションなどで探して買ってこれるからだ。欲しいグレード、価格帯、年式など希望条件で探すこともできる。アクアG'sが欲しいなら、中古車屋に相談してみること。 アクア新古車安く買うならこのサイトを参考にしたい。高品質で割安な中古車はある。ボログルマの爆安価格は裏技を知っている人でないと乗り続けられない。買い方は上手く探せるかどうかで決まってくる。ネットサ…

続きを読む

クラウン中古車のボロ車でも爆安アリか

クラウンの中古相場 10万円~500万円 平均相場 200万円 クラウンは古いタイプだと、昭和初期の物が出てくる。最近だと180系以降、ゼロクラウン以降のものがいい。ボロ車でも乗り続けるのはできるが、整備士や工場などと関係がないと難しい。 新型だと新車販売価格の80%~110%以上。中古車だと相場が安いと思いがちだが、3年落ちや走行距離の短いものは価格も高くなってくる。クラウンでも21世紀の中古車はどれも高い。これはガリバーやビッグモーターでも、個人経営の中古車屋でも同じ。 爆安ボロ車でもクラウンは高級車だから乗れるという話もある。安く買うには保証付きや自分で努力するなど工夫も必要。保証付きにしても、修理代が高くなる例もある。もっと安くて良い中古車を探すのも良い方法。 はじめから事故車を買ってしまってはいけない。中古車選び次第で、維持費や車検代、メンテナンス費用も変わる。クラウンだと安く買っても長くのれる人も多いから、その点では良い。セダンタイプは人気も落ちているから、中古相場も割安。大学生や20代、30代の人でも買える金額がある。 クラウン新古車安く買う方法はこのサイトを参考にするといい。自動車の買い方は、良いものを見つけられるかしだい。ハズレのボロ車よりは高品質でそれなりの値段を探すといいだろう。トヨタ車はディーラーに持ち込んで無料サービスを受けられることもあるし、中古車でもトヨタのお店に聞いてみるのもいい。販売店探し、保証付きなど考えてみると後々で後悔しな…

続きを読む

オデッセイボロ車爆安で買う

オデッセイはボロ車だと初代のRA型になる。人気があった車種だから、ホンダミニバンの中でも今は安く買える。古くて型落ちの中古車は爆安で買うこともできるが、修理や故障などのリスクも考えておきたい。古い自動車だとパーツの生産もしていなかったり、修理に出そうと思っていてもできないこともあるからだ。エンジン載せ替えたり、代用部品を使ったりするような高度な知識と技術が必要。 初心者や普通の人なら、二代目のRB系か三代目のRC系にするといい。二代目のオデッセイは割安になっていて、爆安価格だと10万円から50万円。中古相場だと10万円クラスで買うと、事故車や過走行車などにあたってしまう。もっと高めで選ぶなら、新車価格の50%~90%前後。 オデッセイの新型を安く買うなら、未登録の車もある。ホンダディーラーの展示車や試乗車、訳アリでほとんど乗っていないような車のこと。未登録と言っても新車とほぼ同じように乗れるし、ディーラーの保証付きもあったりする。オデッセイはハイブリッドも追加されたので、新型車を割安で買ってくるのもいい。 二代目が中古車としては相場が安くて品質もまずまず良い。オデッセイはミニバンの中でもスポーティで、定員が7人乗りだから使い勝手もいい。爆安ボロ車でも自分で整備できる自信がある人は買っていく。コネも知識もない人なら、100万円前後で考えるのが妥当。中古車だと選び方次第で、その後の乗り方も変わる。 買い方はWEBサイトでもわかる。無料サービスで良い中古車が探せる。オデッセイ新古…

続きを読む

ボロハリアー爆安で買う裏技あるか

爆安で買うにはなにか裏技が必要。廃車をもらってくるとか、知り合いからゆずってもらうとか、業者に相談してみるとか。中古車屋や業者でもいらないものがでてくる。都合よく割安なものを買えればいいが、もちろん知識や努力は必要。 ハリアーだと初代、二代目が安い。中古の相場だと初代が10万円から150万円。二代目が50万円から300万円。爆安なものは事故車とか、10年落ちの過走行車だったり品質も悪い。車が好きな人、メカいじり好きな人が買っていく。普通の人なら、保証付きにしてもいろいろと苦労すると思う。 中古ハリアー安く買うならこのサイトが参考になる ハリアーを安く手に入れるにはやはり中古車。ボロ車でもOKならいいが、イヤな人なら年式の新しいものを買うべき。新車の3年落ち以内、未使用車とかワンオーナーなど時間をかけて探す。ガリバーみたいなところは、取り寄せもできるが、お金はそれなりにかかってくる。爆安で買いたいなら他を探すべき。 もちろん保証付きで良い中古車を探したいなら、こうした販売店はメリットがある。新車よりもいくらか安く買うなら中古車。ボロ車でもいいなら、もっと相場が安いものを探す。自分のスキルや予算しだいだし、工場や自動車やでもなんでもサービスはしてくれない。古いクルマだとパーツがないとか、パーツ代だけでも高くなったりするので、買うなら考えておきたいポイント。ネット通販やフリマ、ヤフオクなどでパーツを買う人もいる。 整備工場や個人経営店と関係があるなら話は別。ただ普通の人が爆…

続きを読む

ボロアルファード買いたい裏技

ボロ車乗ってます。アルファードの初代。10系というのはマニアしか知らない話。初代アルファードはTVCMが派手でトヨタの新しいミニバンだった。これは今の中古相場だと10万円から100万円くらいになる。 ボログルマは旧車だから買ってもダメなんじゃないかと思う。ただ、これは保証を付けたり自分で修理したりするとなんとかのれる。中古車は保証付けるか付けないかが大きい。修理代やメンテナンス費用が高くなるからだ。アルファードは高級車に近いから、修理費用も高くなったりする。 アルファードは安く買える。販売店で買うと高くなるが、廃車にするものをもらってくれば爆安。もちろん乗れない。ただ空き地や庭においておくとか、知り合いの整備士やマニアに売ったりとか使いみちがある。パーツ単位でも使えるものがあれば、抜き取ってヤフオクで売ったりできる。 アルファード買うならグレードが大事。このサイトで確認したり、他より安くていいクルマを探せる 中古車は買ってもいいが、裏技を使わないといけない。初代は10年落ち以上になるし、2代目の20系も5年から10年前後。これは販売店にコネがあるとか、自動車工場に友達がいるとかなにかないとお得にならない。自動車はガリバーとかアップルで買うのはいいとは思わない。何かとお金を取られるからだ。 中古車屋でも個人で経営しているところは付き合い次第。うまくいく人なら格安でいいものをもらったりする。大手の会社だとお金、契約次第だから資金に余裕のある人でないとムリ。保証が付いても料…

続きを読む

ボロ車の良いところ 

◆メリット ・カスタムしがいがある ・パーツごとに交換できる ・廃車になっても金銭的ダメージが少ない ・趣味の車としていじれる ・愛着がわく ・自分が好きなパーツを付けられる ◆デメリット ・いつ壊れるかわからない ・パーツがない ・旧車なのでかっこ悪い ・今乗ってる人が少ない ・修理代のほうが高い ボロ車でも好きな車種なら乗り続けてもいい。中古車の買い方は人による。100万円で買うのもいい。300万円で新車よりも少し安く買う方法もある。昔のプレミアが付くようなクラシックカーを探すこともできる。 ボロ車は人によって見え方が違う。買うなら、好きなものを調べて買うべき。ガリバーではなく、雑誌か動画サイト、ゲームでもいい。20世紀の中古車探しは、アップルとかビッグモーターでは見つからない。グー、カーセンサーのような雑誌は情報量が多いが、最新型の中古車が多くなる。 新型車ももちろんよい。割安でも、最新型の装備や安全性などレベルが高いからだ。昔のクルマよりは今のクルマのほうが、燃費もいい。平均して性能がいいので、何もクラシックカーを探さなくてもいい。ボロ車でも新型で探してみて、2・3年乗ったら廃車にする方法もある。安いものだから数年乗れればいいというのは裏技。今は自動車メーカーもリコールが多くて、品質が悪いとか騒がれている。トヨタが良い例。 新車で買ったから、安全で修理代も安いとは限らない。中古車を爆安で買ってきて乗り捨てるのも裏技。ボロ車でも使い方次第な…

続きを読む

トヨタ ボログルマ旧車買うには

トヨタのクルマは安いものが多い。ただ、ウワサでは本当にダメなクルマもあるという。もともと大量生産されたものだから、ハズレも出る。中古車でも、高いから良くて安いものはダメでもない。 トヨタだと20世紀のクルマがある。カローラ、ヴィッツ、セリカ、ドリフトで有名なハチロクなどもある。トヨタ車はもともと安いから、中古だともっと安くなる。新車で100万円だったら、中古相場は10万円から90万円くらい。旧車だと、反対に新車価格より高いものもある。希少価値がでるからだ。まともに走れるクルマが減ってくる。ただ、人気のない車種では、希少価値があっても高くはなりにくい。頭文字DのAE86のようなものは高い値段が付いてくる。 トヨタ車は量産車も多いが、名車もある。クラウンとかセドリック、グロリアなども評価が高いクルマだ。中古だと本当に安くなっているので、愛着がある人には良い。ただ、ボログルマだから、すぐに壊れたり走れなくなっても文句が言えない。 安くても良いクルマを探したいなら、業者のオークションで見つけてきてもらうこと。これは一般人は参加できないので、中古車屋やガリバーのようなショップに相談するしかない。価格や車種、年式など詳しく話してみつけてもらおう。本当に買う気があるなら、ショップの人と話して決めるしかない。 中古の自動車は良いものを見つけられるかが鍵。安いか高いかよりは品質のよいもの、掘り出し物を見つけることだ。

続きを読む

マニュアル商用車ボログルマ買う

商用車は安い。ただ普通のディーラーでは買えないこともある。中古車で買うにしても、メリットとデメリットがある。 ◆商用車のメリット ・とにかく安い ・車内は簡素で広い ・乗用車のような余計な装備がない ・パーツも安い ・修理や維持費が割安 ◆商用車のデメリット ・マニュアルミッションが多い ・エアコンなしもある ・装備が少なく充実していない ・エンジン音や遮音性が悪い ・乗り心地が悪い マニュアルミッションだと、もちろんマニュアル免許が必要になる。ATの商用車もあるが、乗り心地は普通の乗用車よりも数段悪くなる。商用だから、実用性が低かったりする。 格安で買うえるのがよいので、居住性や快適性は悪くなる。爆安で買う裏技としては悪くはない。商用車の中でも、軽自動車は特に装備が少ない。エアコンレスでパワステもないものは軽トラとか、配達用の軽自動車になる。これは爆安だから、小さい会社に向いている。 普通の人が乗用車として買うにしても、バンやセダンなど選択肢がある。ワゴンなど積載性のあるもの、ハッチバックで荷物の積み下ろしがしやすいものなどがある。商用だと、後席シートがなかったり、取り外して荷物の積載用にすることもできる。見た目はいかにもデザインがかっこ悪いが、経済性重視なら爆安でお買い得ということだ。

続きを読む